岡田加津子 Kazuko OKADA
Kazuko OKADA
1962年神戸生まれ。
東京藝術大学作曲科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。
大学院在学中に第1回九州ギター現代音楽祭作品部門、最優秀賞受賞。その後、演奏会用新作や教科書教材、合唱曲、校歌など委嘱作品多数。2003年バロックザール賞受賞。
その受賞対象となった個展において発表した、ミニシアター『ステッキなカサなり』が大きな話題を呼ぶ(マザーアースより、出版予定)。また、趣味が高じて、サンバやボディ・パーカッションのワークショップを数多く開催(マザーアースより、『BODY PERCUSSION in OKADA style』を出版)。
現在、京都市立芸術大学、同志社女子大学、非常勤講師。






このウィンドウを閉じる