諸井誠 Makoto MOROI
Makoto MOROI
1930年12月17日生れ(東京)。
1952年3月東京音楽学校本科(現・東京芸大音楽学部)作曲科卒。
黛敏郎、入野義朗、柴田南雄等と20世紀音楽研究所を組織し、57年から65年にかけて、軽井沢を中心に、大阪、東京などで移動現代音楽祭を開催。12音音楽、電子音楽等をいち早く取り入れ、また、1960年代から尺八を中心に各種邦楽器をも手がけ、邦楽器とオーケストラの結合を企図した独自のジャンルを開始するなど、現代音楽における先駆的存在として活躍し、国際的評価を得た。作品としては、《無伴奏フリュートのためのパルティータ》、《ピアノのためのαとβ》、組曲《希薄な展開》、《ピアノ協奏曲》、《協奏組曲》、尺八現代本曲《竹籟五章》、《対話
五題》、三重奏曲《有為転変》、協奏交響曲第1番《偶対》、協奏交響曲第3番《神話の崩壊》、《竹林奇譚 巻之壱「斐陀以呂波」》等多岐に渡る。専門音楽教育活動とも取り組み、広島のエリザベト音楽大学を皮切りに、桐朋学園、お茶の水大学、大阪教育(学芸)大学、大阪芸術大学、神戸女学院大学、明治学院大学等で教鞭をとった。1980年代には専門的に音楽評論活動を行い、日本アルバン・ベルク協会を設立。現在も理事長兼会長代行。1990年代は財団法人埼玉県芸術文化振興団体が設立されるに際し、創設メンバーの1人として副理事長兼・芸術監督に就任。彩の国さいたま芸術劇場館長をも兼任していた。なお、この間、1997年4月に芸術総監督に就任。99年4月には、理事長を知事より禅譲される。2004年3月、知事の交代にともない理事会から離れ、2005年3月には芸術総監督をも辞すると同時に、埼玉県での公職のすべてから解放され、音楽芸術を本職とする本来の生活に戻った。
財団在任中の10年間には、1500を越える舞台芸術とかかわる各種公演を手がけ、シェイクスピア・シリーズを始め、ヴッパタール・タンツテアター(独)、NDT(蘭)、ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステ
ップス(加)、ローザス(伯)等、海外の名流舞踏団の招聘に尽力し、多大な成果をあげ、第3回朝日舞台芸術賞グランプリ、読売演劇賞優秀作品賞などを受賞。また個人としては、平成16年度さいたま市文化賞を受賞。
1953年度エリザベス女王国際音楽コンクール(作曲部門)において日本人として最初の受賞者(第7位)となったのを始めとして、ISCM国際現代音楽祭に3度入選(オスロ、バーデン・バーデン、ストラスブール)。またローカルな賞としては関西クリティック・クラブ金賞、2000年埼玉文化賞社会文化部門、新高山市音楽大賞創設記念賞等も受賞している。
1995年には、長年にわたる作曲活動の功績が認められ、紫綬褒章を受章。
執筆活動も盛んだった時期があり、「ロベルトの日曜日」はじめ、「音楽の見える時」、「音楽の現代史」「オペラの時間」等があり、共著としては、ピアニスト園田高弘との「往復書簡ベートーヴェンのピアノ・ソナタ分析と演奏」、「往復書簡ロマン派のピアノ曲」、文芸評論家篠田一士との「世紀末芸術と音楽」などがある。
このウィンドウを閉じる