オンラインショップ レッスン gakufu イベント ハガキ
↑↑↑
楽譜・書籍・CD・チケットのリスト&購入はこちら
↑↑↑
作曲家によるレッスンの御案内
↑↑↑
楽譜・CD・音楽書籍探してメール
↑↑↑
現代音楽・邦楽・ライブ・イベント情報
↑↑↑
加藤佳子画伯のオリジナル絵ハガキ
猫の手サービス猫の手サービス楽譜の特徴 NEW!楽譜の特徴 NEW! 楽譜の特徴 NEW!
↑↑↑
演奏家の「困った」をお手伝い
↑↑↑
新しい五線紙プロジェクト
↑↑↑
楽譜の特徴 NEW!
↑↑↑
再版下取りサービスNEW!
↑↑↑
著作権について NEW !
楽譜の特徴 NEW!メールフォームリンク集 ザ・ベスト!オンラインショップ
↑↑↑
楽譜出版,CD・DVD制作NEW
↑↑↑
御意見・御感想はコチラ
↑↑↑
リンク集
↑↑↑
マザーアース ザ・ベスト
 
» ArchiveList
Home > コンサート&イベント情報 > Page.59
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 58 | 59 | 60 | 61 | Next»
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月15日
コンソルティウム・アザータ 第5回演奏会
4月30日(日)18時半開演 目黒パーシモン小ホール
入場料:500円(全席自由)
〜モーツァルトとエック;モーツァルト生誕250周年+エック生誕105年記念〜
20世紀ドイツ幻の作曲家で「現代のサリエリ」とも称されるヴェルナー・エック。皮肉にも自身80歳の誕生日祝いの後にモーツァルト作品の唯一のアレンジを残していた・・
モーツァルト・イヤーにアザータがお送りするスペシャル・プログラム!
【管楽器のためのモーツァルト作品集 vol.1】
モーツァルト作曲 (G.Sheen編曲):劇場音楽「劇場支配人」序曲KV486《管楽8重奏版》
モーツァルト作曲 (W.Egk編曲):オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための協奏交響曲KV297b《管楽8重奏版》
エック作曲:10管楽器のためのディヴェルティスマン《日本初演》
モーツァルト作曲 (J.Schmidt編曲):交響曲『リンツ』KV425《管楽8重奏版》
《問》azata@jupiter.livedoor.com
《HP》http://blog.livedoor.jp/azata/
◎日本青少年音楽連合(JMJ;通称ジュネス)出身者と音大生による、ハルモニームジークを主体とした常設管楽アンサンブル団体です。誰にも真似できない、常にオリジナリティあふれるプログラムに挑戦しております!
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月15日
こんにちは! 三輪眞弘です。
2月18日(土)、ヴァイオリンの甲斐史子さんとピアノの大須賀かおりさんのデュオ「ロスコ」の
リサイタルで新作「虹の技法」が初演されます。その他、夏田昌和さんの新作はじめ、
プログラムは世界/日本初演作品ばかりの意欲的なリサイタルです。
是非いらしてください!
2月18日(土)、19.00開演、東京オペラシティー・リサイタルホールです。
演奏会詳細(チラシ画像):
http://www18.ocn.ne.jp/%7Erosco/cons.html
「ロスコ」オフィシャルサイト:
http://www18.ocn.ne.jp/%7Erosco/index.html
(プログラムノートを最後に引用します。いつもながら長くてスミマセン)
ロビーにてマザーアースの楽譜販売も行っております。

なお、2月中、4回に渡って朝日新聞夕刊(東京版)の「大好きだった」コーナーに
作文を連載しています。(今週金曜日は3回目)

虹の技法
 長い間南米には存在しないと思われてきた擦弦楽器が、南米大陸の古代ツダ
(=トゥダ)文明に存在し、「虹の技法」と呼ばれる不思議な音楽に使われて
いたという発見があった。
 この「虹の技法」とは、バイオリン風の弦楽器において、特定の勘所(音高
を決める指のポジション)を素早く押し離しながら、開放弦を含む二音をひと
弓で交互に鳴らす演奏法のことである。興味深い点は、その勘所が、音階に対
応したものではなく、開放弦の長さを正確に3〜9等分割した位置に定められ
ていたことである。これは古代ツダ人達がこの「虹の技法」によって交互に鳴
らされる二音から開放弦の自然倍音を引き出し、自在に演奏していた証拠だと
いう。
 「鳥たちの羽ばたき」或いは単に「虹音」と古代ツダ人が形容した、高次倍
音を奏でるこの技法は、雑多な倍音を含む開放弦のねいろ、即ちひとつの「混
色」から純色の「虹」を浮かび上がらせる不思議な技術と考えられていたらし
い。それに対し、単純に長く引き伸ばされた音は静止した、即ち「死んだ」響
きとして極端に嫌われていたため、ツダ文明の音楽は常に、この「虹音」のよ
うに震えるような指の往復運動によって奏でられるものだったという。音楽と
して鳴り響くすべての音が飛翔する生命の息吹を象徴していなくてはならなか
ったからである。
 「虹の技法」によって実際にどのような音楽が奏でられていたのかはまった
く不明だが、「・・祝祭で娘達は地音と虹音の間を軽やかに行き交いながら様
々な楽器を用いて聖歌を幾度も輪唱しつづけた・・」という記述が碑文に残さ
れている。なお、ここで言う「地音」とは「虹の技法」における繰り返される
二つの実音のことだと考えて良いだろう。
 このような基音から派生する倍音を使う音楽として、中央アジアの喉歌「ホ
ーメイ」が現在も知られており、そこに「虹の技法」との驚くべき共通点を指
摘する説もあるが、アジア大陸との距離もさることながら、インカ帝国によっ
て壊滅的な打撃を受け、 その後スペイン人の襲来によって完全に地上から姿
を消した古代ツダ文明についてはその多くが謎に包まれたままである。
という夢をみた。
・・・重複してメールが送られている方、今後このようなお知らせが必要ない方は
ご遠慮なく「せんでん不要」とひとこと書いて返信してください。
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月09日
第4回 岡田道明尺八リサイタル

2006年2月18日(土)
京都市女性総合センターウィング京都 イベントホール
(京都市中京区東洞院通六角下る)
開演 17:30/開場 18:00

<曲目>
古典本曲:雲井獅子
菊岡検校作曲:笹の露
福田蘭童作曲:春麗・星夜曲
初代山川園松作曲:白鳥に寄せる幻想
古典本曲:霊慕

<演奏>
岡田道明(尺八)
<助演>
山川芳子(箏・三絃)、岡田多栄子(箏)、近藤亜紀(ピアノ)

チケット■2,500円(当日3,000円)
予約・問合せ■岡田道明 TEL/FAX: 075-393-8783
okada@kyoto.email.ne.jp
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月07日
マザーアースではお馴染みの松下 功先生指揮者として参加されているコンサートの情報です。

2006年2月11日(土・祝)午後2時開演
会場:旧東京音楽学校奏楽堂(旧奏楽堂です)
〜東風が運ぶアジアの風〜
・A.ボロディン  「だったん人の踊り」(東風Version)
・マウンマウン  「伝統の旋律」(2005)
         サウンソロ:マウンマウン
・瞿 小松    「モン・ドン」
           声:駒田敏章
・尹 伊桑    「室内交響曲 第2番」

演奏:アンサンブル東風
指揮:松下 功

「だったん人」は、各パート一人ずつの総勢15人で演奏する東風Versionです。東
風の名曲シリーズです。
ミャンマー出身のマウンマウン君が、自らサウンガウク(ミャンマーの竪琴)を演奏
します。伝統の現代ハーモニーを融合させた秀作です。
中国を代表する作曲家・瞿小松(Qu Xiao Song)の「モン・ドン」は、バリトンのソ
ロと共に楽器奏者も声出す大変楽しい作品です。
20世紀韓国を代表する作曲家・尹伊桑の大作です。溢れ出るアジアのエネルギーを
感じてください。
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月06日
マザーアースではお馴染みの千秋次郎先生、肥後一郎のコンサート情報です。

新しい日本歌曲の夕べ ー邦楽器とともにー

2006年3月31日(金)
18:30会場/19:00開演

<曲目>

「ゆれる秋」       詩:北原 白秋 曲:沢井 忠夫
「あひびき」       詩:北原 白秋 曲:平井 澄子
「紺屋のおろく」     詩:北原 白秋 曲:肥後 一郎
「春の唄」        詩:島崎 藤村 曲:宮城 道雄
「花盗人」        詩:鶴岡千代子 曲:平井康三郎
「古都幻想二題」より           
「面影」と呼ばれる女面に 詩:山下 千江 曲:小山 順子
「万葉による挽歌ーソプラノ、ヴァイオリン、箏の為の」
                     曲:中嶋 恒雄
「源氏物語によるタブロー」        曲:千秋 次郎
「海辺の秋」               曲:千秋 次郎
「鑿と桜」        詩:山根 研一 曲:中島 はる

チケット■3,000円
申込み■中村綾子 0422-22-6802
   ■森田澄夫 03-3758-5830

主催■(社)日本歌曲振興会
Posted by: MotherEarth on 2006年02月02日
2月4日マザーアースイベント「音and音」松平頼暁先生のレクチャー「Card-Game」に、ソプラノの太田真紀さんゲスト出演が急遽決定致しました!
お席はまだございますので、ふるってお申し込み下さい。
→音and音詳細
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年02月01日
マザーアースで作品が出版されている、小林新先生作曲の「草野天平の詩によるみんなの歌」
が演奏されます。

第5回21世紀合唱音楽祭

2006年4月16日(日)東京文化会館小ホール
開演 14:00

<曲目>
内海 治夫:女声合唱のための組曲「和歌三章」
藤原三千代:女声合唱または児童合唱のための組曲「赤ちゃんの手」
服部 和彦:女声四部合唱のための「After the dark VI」
岡坂 慶紀:混声合唱組曲「明日への旅立ち」
小林  新:混声合唱とピアノの為の組曲「さふらん」
      草野天平の詩によるみんなの歌
諸橋 玲子:散る花の




チケット■3,500円
申込み■東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
   ■JILAチケットセンター 03-3356-4140

主催■国際芸術連盟
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年01月26日
千秋次郎、加藤由美子作品が演奏されます。→チラシを見る


春惜しむコンサート
〜貞松瑩子の詩を歌う〜

2006年4月9日(日)JASRACけやきホール
開場 14:30/開演 15:00
<作曲>
作曲:朝岡真木子、小山順子、加藤由美子、黒髪芳光、小林秀雄、千秋次郎、土屋喜代美、名取吾朗、西岡文郎、林宏太郎、平岡荘太郎(五十音順)
<声楽>
ソプラノ:栗原愛子、鈴木房江、南畝幸子
メゾソプラノ:長島和美
合唱:ゆりの木女声合唱団
<伴奏>
ピアノ:川中順子、土屋喜代美、吉岡三貴
箏:彩里京鼓(特別出演)

予約・問合せ■貞松:03-3326-7248

後援■社団法人 日本歌曲振興会
マザーアース株式会社

JASRACけやきホール(小田急線代々木上原駅より徒歩三分)
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年01月26日
舞踏公演 ひろば2006
あらゆる「踊りのつどう「ひろば」。あなたと踊りの、出会いの「ひろば」。

2006年2月17日(金)18日(土)19日(金)アートスフィア(天王洲アイル)
開演:17日18:30 18日13:30/18:00 19日13:30

<Aプロ>17日(金)夜・18日(土)昼
…日本昔話シリーズより…
長唄 おちょん雀
…雪月花によせて、川口ゆり子の静御前三趣…
創作 静(しずか)三趣
…義太夫の力強い旋律による龍虎の争い…
古典再生 龍 虎
…躍りで綴るある美しい世界の崩壊…
創作 桜の園

<Bプロ>18日(土)夜・19日(日)昼
…日本昔話シリーズより…
長唄 狸屋島
…祇園精舎の鐘の声、諸行無常のひびきあり…
創作 平家物語による五章
…太棹のおとにつれて、それはさながら水墨画の世界…
古典再生 龍 虎
…朝丘雪路、ひろば初参加を迎えて「桜の園」の再演

チケット■A席(1,2階)5,000円 B席(3階自由席)2000円

申込み■アートスフィアチケットセンター 03-5460-9999
    チケットぴあ 0570-02-9988
問合せ■ひろば制作室 集団・日本の音 03-3812-4688 

主催■舞台公演ひろば NPO法人 集団・日本舞踊’21
協力■アートスフィア
Category: 2010年10月
Posted by: MotherEarth on 2006年01月23日
ナヤ・コレクティブから、今年3月にマニラにて開催される
『ASEAN-JAPAN劇場技術デザインワークショップ』のお知らせです。

==================================
   スカラシップ生への応募、どうもありがとうございました!

 シナーグ・アーツ・ファンデーション/国際交流基金共同プロジェクト
    アセアン−日本 劇場技術デザインワークショップ2006
         引き続き《自費参加生》募集です!!
==================================

» 詳細

«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 58 | 59 | 60 | 61 | Next»