第1回北海道の作曲家展 募集要項(一般招待)

 このたび北海道作曲家協会では「第1回北海道の作曲家展」を開催することとなりました。この演奏会は道内を中心に北海道作曲家協会会員に所属する作曲家たちの作品を幅広く紹介し、北海道から新たな音楽の普及に努めていく演奏会であります。それに伴い、文化交流の視点から、会員以外との交流も積極的にすすめていこうと考えております。
 今回は北海道作曲家協会会員以外の作品も若干ではありますが公募します。
 この演奏会の趣旨に賛同され、作品の提供をされる方のご応募をお待ちしています。

運営役員
八木幸三 北海道作曲家協会会長
熊谷佳和 同副会長 (作曲家展担当)

          記

演奏会名 第1回「北海道の作曲家展」

目的
 この演奏会は北海道作曲家協会の総則に基づき、作曲を通し新たな文化の普及を促し、また、会員相互の情報交流、親睦を深めることを目的とする。

主催 北海道作曲家協会

開催日  2013年(平成25年)6月8日(土)
場所   エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館 講義室
座席82
(会場には駐車場はありません)

予定開演時刻 ※開場14:00 開演14:30 

入場料  未定
募集数  若干数募集
     
参加資格 年齢、性別・国籍不問
    (北海道作曲家協会会員の方は応募できません)

交通費および宿泊費
     申し訳ありませんが自己負担でお願いします。
なお、北海道作曲家協会では宿泊先等の斡旋もしていません。

選 考  応募多数の場合。担当者および演奏者と協議の上、決定し連絡します。

参加料 出演が決定した場合は参加料が発生します。
     1人 1作品  18000円
(支払い方法は出品が決定した人のみ、後で連絡します)
(チケットノルマはありません)
※参加が決定した後、作品の剽窃が発覚した場合。出品をお断りします。

募集作品について
・ピアノソロ (10分未満とする) 初演・再演を問わず。
・曲の様式は問わないが楽譜から演奏方法、音の表現や解釈が演奏者に明確に伝わる表  記がしてあること。
・ピアノは会場設備(ヤマハC−7)を使用。内部奏法や楽器を傷つける行為は厳禁と  する。
・楽譜はA4もしくはB5サイズとし3部作成すること。
・音源(CD-R、MD、カセットテープ)も同封してください。(音質は問わず)
 CD−R。MDは必ず1曲目、カセットテープの場合A面1曲目に録音してください。
・準備に時間がかかり、他の演奏者やスタッフに迷惑がかかるおそれがないもの。
・一人で複数の作品を応募することは可能ですが、発表は1人、1作品とします。
(この場合、音源のCD−R、MD、カセットは1つにまとめて結構です)
※なお、送られた楽譜、音源は返却しませんので必ずコピーをとっておいてください。
・応募に際して、80円切手(返信用)を同封してください。
応募期間 2013年10月1日〜12月24日

演奏者 北海道作曲家協会で演奏者を決定します。
(演奏者への支払い、謝礼金等のノルマはありません)
応募方法
 上記の条件を満たし、参加用紙を同封し下記の連絡先に郵送してください。
(参加用紙はHPよりダウンロードできます)
北海道作曲家協会HP  http://www.hokkaido-composer.com/
作品の決定およびその後について
・出品者の決定は2月上旬を予定しています。
・演奏会の構成やバランスを考え、第1回北海道の作曲家展担当および演奏者と協議のう え決定し、出品者に連絡いたします
・決定後、作品のイメージが変わらない程度に改訂や修正はかまいませんが、募集時の条 件が変わらないようにお願いします。
その他
・作品の内容によっては出品者に事前に問い合わせをする場合もありますが、作曲者と  演奏者の事前リハーサルは、当日20分しかありません。
・また選考に関しての問い合わせにはお答えできません。
○出品者が未成年(18歳未満)の場合は保護者、またはそれに変わる成人が演奏会当日、 必ず同伴してください。
・当日の演奏・録音について
※当日の演奏は録音され、北海道作曲家協会の資料とし管理させていただきます。また、文化交流の観点から一般に視聴の要請があっ場合は音源を提供する場合もあります。

応募先 〒070−0866
旭川市住吉6条2丁目8−30

北海道作曲家協会 旭川 
  第1回「北海道の作曲家展」係
 
         電話090−6446−0148 担当 熊谷