2015年11月に開催される第9回浜松国際ピアノコンクール開催概要および応募要項が2014年6月20日に都市センターホテルにて記者会見を開き広報されました。

第二次本選には、毎回日本人作曲家の新作現代音楽が課題曲となります。
今年度は、三輪 眞弘 氏と山根 明季子氏の新作が課題曲と決定しました。
現在お二人は、この課題曲を作曲中で、 そのうち、三輪 眞弘 氏の作品はマザーアースより出版することが決まりましたのでご報告致します。

三輪 眞弘 氏のその他の作品はこちらです。

一般の方への販売は2015年11月以降になりますが、先行予約などは別途受け付ける予定です。

マザーアースでは、以前にも第5回浜松国際ピアノコンクールでも課題曲として「ムジカ・ナラ」(徳山美奈子作曲) を出版しましたが、この作品は、現在でも国内外の非常に多くのピアニストに愛されて多数再演されています。

今年度の募集要項および、その詳細は
http://www.hipic.jp/ にてご覧頂けます。
私自身、記者会見を拝聴し、このコンクールは、すばらしい審査委員としっかりとした運営体制の元に開催されており、さらに、多くのボランティアの方や浜松に演奏者が到着してからの練習体制などと、参加されるピアニストにとってもとても恵まれたコンクールだと思いました。

ただ、残念なのが今まで日本人の演奏者が優勝していないことです。
ぜひ、多くの日本人のピアニストの皆様が参加されればと思いまました。
マザーアースでは、現在,オンラインショップ にて楽譜ご購入のお客様に、このコンクールの詳細チラシも同封しております。ご覧頂けましたら幸いです。

さらに、マザーアースでは浜松国際ピアノコンクール予選課題曲のうち、
以下の楽譜の園田高弘校訂版をお取り扱い・販売しておりますので、あわせてご覧下さい。
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第2番「イ長調」op2-2
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第3番「ハ長調」op2-3
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第4番「変ホ長調」op7
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第7番「ニ長調」op10-3
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第11番「変ロ長調」op22
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第16番「ト長調」op31-1
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第18番「変ホ長調」op31-3
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」op53
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第28番「イ長調」op101
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第29番「ハンマークラヴィーア」op106
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第30番「ホ長調」op109
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ 第32番「ハ短調」op111

ピアニスト 園田高弘氏のCDもお取り扱いしています。

マザーアース T