マザーアースは年末年始休まず通常営業を行います。

東京タワー文化フェスティバルまであと20日をきりました。
マザーアースは、今年も多くの方々に支えられて、大変お世話になりました。
私が、6月に慶應義塾大学南校舎大階段で事故にあい、人生初の骨折をしてしまいましたので、その影響で、関係各所には、様々なご迷惑をおかけした一年でもありました。

しかしながら、そのような時こそ、本当に多くの方の励ましの言葉や手助けを頂き、改めて人様の心の暖かみを感じておりますとともに、言葉で尽くせない感謝の気持ちで一杯です。
まだ、私自身はリハビリしながらではありますが、東京タワー文化フェスティバルという大きな催し物の成功と、そこに向けて、現代音楽作品事典を発行するために、スタッフ一同力をあわせて努力しております。

2017年はさらに、アーティストの為のマザーアースという事を念頭に強くおいて、あらゆるシーンに新しい音楽イノベーションを起こしたいと思っております。

皆様におかれましては、益々飛躍の年となられますことを心よりお祈り申し上げます。

2016年12月
マザーアース株式会社 代表取締役 橘 治霞